Qセルズの太陽光発電の4つのデメリットと向いている人とは?

本ページはプロモーションが含まれています


Qセルズという太陽光発電のメーカーをご存じですか?太陽光発電の業者であれば、ほぼ取り扱いのあるメーカーなので、提案を受けている方も多いと思います。

お客さん
お客さん

Qセルズって聞いたことあるけど、どこのメーカー?

管理人
管理人

海外メーカーですが、性能が高くコストパフォーマンスがよいので、比較しないのは非常にもったいないです。

お客さん
お客さん

つまり、高品質で低価格ってことね?Qセルズにデメリットはないの?

今回はQセルズの特徴やデメリットとQセルズの太陽光発電が向いている人を紹介しますので、太陽光発電システムを選ぶ際の参考にしてください。

この記事を書いた人
chikuden1101

太陽光・蓄電池の営業職。
現役営業マンの視点から悪質な業者と優良業者を見分けるための情報を発信しています。
太陽光・蓄電池選びの参考になればと思います。

chikuden1101をフォローする

Qセルズの太陽光発電の特徴

Qセルズは太陽光発電メーカーとして1999年にドイツで生まれました。

2007〜2008年にはシェア世界一になるほどの人気メーカーで、日照量が少なくても発電効率が高い製品を製造しているのが特徴です。

さらに低価格ながらも高品質な製品を扱っていることで知られています。

管理人
管理人

ドイツといえば医療機器や自動車などが有名で技術力が高いイメージですよね。

日本では2011年から太陽光発電事業を開始し、全国に5ヶ所の営業所、9ヶ所の物流拠点、1000社以上の販売店、450ヶ所以上のサービスネットワークとサポート体制が国内メーカー並みです。

(画像出典:ハンファQセルズカタログ

国内の海外メーカーでは拠点が一番多いのが強みです。

Qセルズの太陽光発電4つのデメリット

サービス終了の不安

Qセルズは2012年に経営破綻して韓国のハンファグループの傘下に入ったという経緯があり、サービスを終了してしまう心配の声が多いのも事実です。

(画像出典:ハンファジャパン)
しかし、そんな心配は無用です。ハンファグループは韓国の財閥企業で、2022年の売上は9兆円と経営は超安定しています。

日本の有名企業でいうと、ソニーグループ(11.5兆円)パナソニックグループ(8.3兆円)の間ぐらいの規模の大きさです。

海外メーカーなので不安という意見もありますが、外資系企業での国内シェアでは1位です。

管理人
管理人

全国の拠点に充分な量の在庫や部品が確保されているので、急な故障時でも国内メーカー同様のサポートが受けられます。

知名度が低い

海外メーカーということもあり、パナソニックシャープ、京セラなど国内メーカーと比べると知名度が低いです。(もちろん業界では超有名なんですが、、一般的な知名度という点で。)

しかし、パネルの性能は世界トップクラスで保証も充実しているので、ぜひ検討すべきメーカーの一つです。

積雪地域に設置できない

Qセルズの太陽光パネルは積雪量が1.5m以上の地域は設置できない場合があります。設置の可否については販売店に確認する必要があります。

管理人
管理人

産業用のパネルは積雪地域に対応しているものがあります。

積雪い強いパネルをお探しならこちらも合わせてお読みください。↓

カナディアンソーラー太陽光パネルの2つのデメリットと保証内容
外資系メーカーの太陽光パネルとしてQセルズと並んでよく名前が挙がるのがカナディアンソーラーです。 提案を受けた業者からおススメされたけど、パナソニックやシャープなどの国内メーカーと比較して実際どうなの? ってところが知りたいので...

塩害地域に設置できない

海水や海水の飛沫が直接かかる地域では設置できない場合があります。詳しくは販売店に相談してみましょう。

管理人
管理人

産業用の製品については重耐塩のものがあります。

Qセルズの太陽光発電の2つのメリット

発電効率の高さと低価格

Qセルズの太陽光の最大のメリットは曇りや雨でもしっかり発電するという点です。日射量の少ないドイツで生まれただけあって、発電効率が高いです。

取り込んだ太陽光をパネル内部で反射させて電力を生み出すQ.ANTUM技術や、発電セル同士の間隔をなくすZero-Gap技術により、小さな面積でもより多くの発電量を実現しています。

2023年現在、住宅用の太陽光パネルの変換効率は20%台が多いのですが、20%を超えるものはパネル1枚で30万円を超えてしまう場合がほとんどです。

管理人
管理人

Qセルズの相場は変換効率20%台で1kWあたり21~24万円台国内メーカーよりも5万円近く安いです。

出力保証25年

Qセルズは出力保証が25年と長期です。

国内メーカーの多くは10年目まで公称最大出力の出力下限値の90%以上を保証していますが、Qセルズは初年度98%を保証。

2年目以降は毎年0.5%の出力低下を下限に出力を保証していて、下回った場合は無償で交換対応となります。

管理人
管理人

システム保証は15年。パネルとパワーコンディショナーなどが対象となります。

Qセルズはこんな人に向いている

Qセルズの太陽光パネルは定価が国内メーカーより安いことも多く、実際にはさらに割引価格で販売されています。

「できるだけ安くて性能の良いパネルが欲しい」という方には最適です。

少ない日光を最大限に活かすQセルズの技術は、日照時間が少なくて太陽光をあきらめていた方におススメです。

■関連記事
⇒パナソニックの太陽光パネル生産の撤退理由とOEMはどこ?
⇒【注意】長州産業の太陽光発電のデメリットと大損しない方法
⇒ネクストエナジーの太陽光発電ここが凄い!デメリットや業界初の独自保証
⇒たった30秒で100万円安くなる太陽光・蓄電池見積サイトの選び方
⇒太陽光を設置する前に知っておきたかった近隣トラブル4選
⇒【重要】カナディアンソーラー太陽光パネルのデメリットと保証内容

コメント

タイトルとURLをコピーしました